哲学を遣って居ます。私に御用の方はお気軽にコメントの記入に由ってご連絡下さい。トラックバックも歓迎致します。


by fishybusiness
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

尊厳死についての小論文

ご理解の上でお読み下さいお断り

 尊厳死を認めるか否かという議論は、現在ある程度まで認められている尊厳死の権利を、誰に奪うことができるだろうという疑問に突き当たる。
そもそも尊厳死は功利主義的な幸福量の増加という観点から妥当であると考えられる。
苦痛から解放される本人の幸福、また「苦痛を訴える患者を見守り続けるという苦痛」から解放される家族の幸福、それら幸福の増加という点から倫理的には良いと考えることができる。
ただし問題となるのは自殺との兼合いである。
延命の放棄、意識的な死の早期化は自殺の嘱託と変わらないとも言える。
しかし一般的な自殺が突発的であるのに対し、安楽死、尊厳死の場合は本人、家族、医師らの間で話し合いが行われることを原則としている。
関係者が納得した上での安楽死、尊厳死であれば、近親者が自殺した場合のような強い精神的ショックを受けるものは少ないだろう。
他者に与える悪影響という点では、自殺の非倫理性を解決していると言える。
だが、そもそも命を終わらせることに、明確な意思を持って人間が関わってよいのかという問題もある。
与えられた命を終わらせることは、一個の生命として僭越なことであるという考え方もある。しかし延命が僭越でないのであれば、死を与えることも同じではないだろうか。
自然を最上の価値とするならば、人間は既にその価値を放棄しているのだろう。
我々に残されている判断の基準は、結局功利主義でしかない。
疑問や居心地の悪さは計量できないが、幸福は計量できるものと認められている。
どうやってそれに逆らうことができるだろうか。
尊厳死は認められないというグループの主張は以上の観点から反論できる。
つまり尊厳死を自然でないと言っても、医療がそもそも不自然であるのだから、その延長線上にある一点のみを糾弾しても無駄であると。
自然を求めるなら全ての医療行為を放棄すべきである。
また関わる医師などスタッフの苦悩、苦痛が問題にされるが、彼らには選ぶ権利がある。
医師以外の仕事も選べるし、終末期でない医療分野もある。
彼らが尊厳死に関わるのは、積極的、または消極的にそれに関わることを望んでいて、また受け容れているからである。
尊厳死を望む患者や家族にとっては、尊厳死以外に苦痛を軽減する選択肢を見出せないという状況から、優先されるべきは患者と家族の幸福であると考えられる。
しかし安楽死はともかくとして、尊厳死とは一体どういう意味だろうか。
「尊厳ある死」という意味であるならば、「尊厳の無い死」とはどんな死だろうか。
私は少なくとも全ての人間の死には尊厳があると感じる。
それは不幸な状況によって忘れられることがあるかもしれないが、決して失われるものではないと思う。
[PR]
by fishybusiness | 2006-05-24 10:44 | 論文